<< 夏になり | main | Jazzやってきた >>

スポンサーサイト

2012.02.01 Wednesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

ひっさびさ

2009.10.20 Tuesday | by dirtymac
どうも、ヒマジンです。
9月1日に学校が始まってからというもの解剖ばかりの日々です。
火曜〜金曜まで、昼から夜まで。
人体のあらゆることを勉強するわけですね。

みなさんが想像するのとは異なって、メスはほとんど使いません。
皮を剥いだり皮下の結合組織をごそっと切り取ったりするだけ。
後は両手にピンセットを持って世間が言うところの皮下脂肪の中を掻き分け
神経や血管を求めたり、
その下の筋層の起始・停止をもとめたり、などなど・・・

解剖を進めれば進めるほど人間スゲーって思うようになります。
内臓の生理的な面はほとんど勉強してないにもかかわらず、です。
作業としても楽しいですしな。問題は髪の毛がぱっさぱさになることですがw

部活のほうは、と言えば人間関係のごたごたで鬱陶しくて
部室にもほとんど行かず(チェロは結構ひいとる)
更にはいまNTTのサービスで専門チャンネルが2ヶ月間無料で見れるので、
家で映画が見放題。
これは引きこもり度が加速するしかないでしょう。
うちでできないことは解剖とチェロ弾くこと、買い物だけだからねー。

さあみんな、煩わしい世間から離れて引きこもろうぜ!!!!

スポンサーサイト

2012.02.01 Wednesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Recommend
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 (JUGEMレビュー »)
リヒテル(スヴャトスラフ),ラフマニノフ,チャイコフスキー,ヴィスロツキ(スタニスラフ),カラヤン(ヘルベルト・フォン),ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団,ウィーン交響楽団
今までに聴いた数々のラフマのピアコン2番の中で一番好きなやつ(チャイコンはいま一つ)
20世紀最大のピアニストと謳われるリヒテルの確かなテクニックに裏付けられた、重い低音、髄に響く高音、正確に転げる内声をぜひ一度聴いてみてください
Recommend
ラヴェル:ピアノ協奏曲
ラヴェル:ピアノ協奏曲 (JUGEMレビュー »)
アルゲリッチ(マルタ),ラヴェル,アバド(クラウディオ),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
最強のラベルのピアコンをまだバリバリのソリストだった若きマルタが、アバド、BPOと協奏したり

ソロ弾いたりしたもの

あのBPOが圧倒されてます

ジャジーな要素もあって楽しい曲です
マルタの熱情があちい一枚
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

この本を読んで河井継之介っていう人物を知った人が多いんじゃないかなぁ
小藩の長岡藩には収まりきれようのないほど大きな人物
富国強兵を押し進め
軍の近代化を進め
政治を行った悲劇の人
そんな先進的な人なのに
長岡の藩士という‘身分’をベースとして
江戸中期朱子学に基づいて作られた現代日本人が抱く武士像を
体現していた
まぁとりあえず読んで。うん
Recommend
狂詩曲(スペイン)/シャブリエ管弦楽曲集
狂詩曲(スペイン)/シャブリエ管弦楽曲集 (JUGEMレビュー »)
ガーディナー(ジョン・エリオット),シャブリエ,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,ヤネツィク(ロナルド)
ちょっとマニアックなシャブリエの管弦楽曲集
でもこの人とフォーレがラヴェルやドビュッシーの橋渡しになったって言われてる人です
彼の数少ない作品の中でとくに有名(カラヤンも録音してる)な
狂詩曲 スペイン 
では彼独特の躍動するリズムに支配されてココチヨイのです
Recommend
ラッシュライフ (新潮文庫)
ラッシュライフ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
伊坂らしさがにおう一冊
さまざまなプロットがエスプリを交えてクレバーに描かれ
彼独特のユーモアがニヒルかつシニカルに入れられた横文字ばかりで書きたくなるやつだ
Recommend
ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ダン シモンズ
これはすごい。北方さんバリの圧倒的な筆力で描く渾身の長編
これを読んでいてもたってもいられなくなったら、下巻とハイペリオンの没落上下、続編の、エンディミオン、エンディミオンの覚醒(ともに上下)も
Recommend
光の王 (ハヤカワ文庫SF)
光の王 (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ロジャー ゼラズニイ
SFとインド神話のまさかの合体である。いやまいった
ラーマヤナとブレードランナーが好きっていうかわりものも
ファンタジー/SFが好きって人も、
いやむしろ読書すき
って人は読んでみてください
Recommend
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
村上春樹の本はレビューできぬ
とにかく、よめ!!!
Recommend
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
バルトーク:管弦楽のための協奏曲 (JUGEMレビュー »)
ショルティ(サー・ゲオルグ),バルトーク,シカゴ交響楽団
日本ではあほな批評家のせいで不評なショルティ&シカゴ響の一枚
彼のオーケストラの躍動感や機動性を活かすにふさわしい曲。難曲
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM