<< Jazzやってきた | main | おひる >>

スポンサーサイト

2012.02.01 Wednesday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

’10

2010.01.05 Tuesday | by dirtymac
まさか2000年が10年代に突入すると思ってなかった。 プレステ発売が16年前、64が14年前だよ? Windows95発売が15年前だよ? その頃はダイアルアップ接続だからね。 画像が含まれるHP開いた時点でアウト。固まる。 さてそんなこんなで’10になったわけだ。 閑話休題。秦の始皇帝の実の父ともいわれる人物に 呂不韋ってのがいるんだが、彼の言った言葉として有名なのに 《奇貨居くべし》(こりゃめずらしいもんやで、買っとこうっていみ) ってのがある。 秦の王朝につかえる前彼は大商人で円満に暮らしてたわけ。 ある日、邯鄲の枕ってので有名な趙っていう北国でほのぼの歩いていたら 秦の公子の一人にすぎない貧乏な異人(のちの荘襄王、始皇帝の先代)をみて、 この言葉をつぶやいて財産なげうってさまざまな策略をつかって ついに異人を嫡子にすることに成功して自信は宰相にまで上り詰めた、ってわけ。 ま、何かというと、このりょふいにしてもたとえば孫子にしても なんか捨て続けることによって手に入れるっていうパラドックスを体現してるわけ。 それに倣うわけじゃないんだけど、ことしの目標は 棄てること。 無駄、というか幹だけ残して背を高くしようかな、と。 今年は内省的になっていきたいのです。 で、今必要なものは医学と音楽(おいw)。 医学は言わずもがな。勉強せねばならぬ。勉強したくないでござる 音楽はね、必然的に他人とのコミュニケーションを伴うものだから めんどくさいっす。 だからバンドは出来る限りでないし、オケも役職を背負わされないように逃げて チェロだけ弾いとく。 手始めとしてmixiやめて飲み会もほぼなくして過去の羈絆をおいとこう。 実家帰ると頻繁に飲み会なんかしちゃって、やっぱね、 安心できるんだけど、安定するのはもっと年食ってからでいいかな。 今は鋭利にならないと。てかただ単にひきこもりたいだけという。

スポンサーサイト

2012.02.01 Wednesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
PR
Recommend
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 (JUGEMレビュー »)
リヒテル(スヴャトスラフ),ラフマニノフ,チャイコフスキー,ヴィスロツキ(スタニスラフ),カラヤン(ヘルベルト・フォン),ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団,ウィーン交響楽団
今までに聴いた数々のラフマのピアコン2番の中で一番好きなやつ(チャイコンはいま一つ)
20世紀最大のピアニストと謳われるリヒテルの確かなテクニックに裏付けられた、重い低音、髄に響く高音、正確に転げる内声をぜひ一度聴いてみてください
Recommend
ラヴェル:ピアノ協奏曲
ラヴェル:ピアノ協奏曲 (JUGEMレビュー »)
アルゲリッチ(マルタ),ラヴェル,アバド(クラウディオ),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
最強のラベルのピアコンをまだバリバリのソリストだった若きマルタが、アバド、BPOと協奏したり

ソロ弾いたりしたもの

あのBPOが圧倒されてます

ジャジーな要素もあって楽しい曲です
マルタの熱情があちい一枚
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

この本を読んで河井継之介っていう人物を知った人が多いんじゃないかなぁ
小藩の長岡藩には収まりきれようのないほど大きな人物
富国強兵を押し進め
軍の近代化を進め
政治を行った悲劇の人
そんな先進的な人なのに
長岡の藩士という‘身分’をベースとして
江戸中期朱子学に基づいて作られた現代日本人が抱く武士像を
体現していた
まぁとりあえず読んで。うん
Recommend
狂詩曲(スペイン)/シャブリエ管弦楽曲集
狂詩曲(スペイン)/シャブリエ管弦楽曲集 (JUGEMレビュー »)
ガーディナー(ジョン・エリオット),シャブリエ,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,ヤネツィク(ロナルド)
ちょっとマニアックなシャブリエの管弦楽曲集
でもこの人とフォーレがラヴェルやドビュッシーの橋渡しになったって言われてる人です
彼の数少ない作品の中でとくに有名(カラヤンも録音してる)な
狂詩曲 スペイン 
では彼独特の躍動するリズムに支配されてココチヨイのです
Recommend
ラッシュライフ (新潮文庫)
ラッシュライフ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
伊坂らしさがにおう一冊
さまざまなプロットがエスプリを交えてクレバーに描かれ
彼独特のユーモアがニヒルかつシニカルに入れられた横文字ばかりで書きたくなるやつだ
Recommend
ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ダン シモンズ
これはすごい。北方さんバリの圧倒的な筆力で描く渾身の長編
これを読んでいてもたってもいられなくなったら、下巻とハイペリオンの没落上下、続編の、エンディミオン、エンディミオンの覚醒(ともに上下)も
Recommend
光の王 (ハヤカワ文庫SF)
光の王 (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
ロジャー ゼラズニイ
SFとインド神話のまさかの合体である。いやまいった
ラーマヤナとブレードランナーが好きっていうかわりものも
ファンタジー/SFが好きって人も、
いやむしろ読書すき
って人は読んでみてください
Recommend
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
村上春樹の本はレビューできぬ
とにかく、よめ!!!
Recommend
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
バルトーク:管弦楽のための協奏曲 (JUGEMレビュー »)
ショルティ(サー・ゲオルグ),バルトーク,シカゴ交響楽団
日本ではあほな批評家のせいで不評なショルティ&シカゴ響の一枚
彼のオーケストラの躍動感や機動性を活かすにふさわしい曲。難曲
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM